米市農園は和歌山県紀の川市で自然や環境と調和した農法を行っています。

お米、野菜、果樹、和棉など、色々な作物を育てています。
自然のリズムに沿った野菜はおいしく、笑顔が増えます。
自然からのおくりもの・豊かさ、幸せを感じ活動を行っています。
農業体験・農業研修・石窯ピザ屋・制作、芸術活動を通して自然の豊かさを伝えています。

米市農園

※米市農園※

米市は屋号で代々続く農家でした。豊臣秀吉が紀州攻めの時代(1585年頃)にここのご先祖高橋市右衛門が500人の兵を連れて迎え討った記録があります。

地域をまとめる豪農家でした。それは和歌山県北部の紀の川市(旧打田町)にあります。

一時、人が住んでいないときもありました。東京から祖父が住み始め、

もう一度、田畑を耕作し始めました。祖父、祖母が亡くなり、空き家になった頃、僕たち家族が移り住み始めました。

家族で移り住んで、父が病気になる事をきっかけに玄米、食事療法を知りました。家族で実践していく中で、

自分たちも健康になる中で健康の大切さをしり、自然農と出会いました。自然環境の大事さを実感して、今に至ります。

 

 

 

米市農園 代表 高橋 洋平 1985/10/25生